「フランスパン」の歴史と種類



フランスは世界の美食家達が魅了する料理王国。シンプルで洗練されたフランスパン、ワイン、チーズは世界中で愛されています。


今回はフランスパンについてご紹介していきますので、最後までよろしくお願いいたします。

フランスパンとは


フランスパンと言えば、基本的に小麦粉、パン酵母、塩、水の4種類の材料のみで作られたパンのことを言います。

フランスパンの美味しさの魅力といえば、何といってもパン酵母にあります。パンというのはワインやチーズのように発酵食品でもあります。材料に発酵の風味が加わることにより、シンプルな組み合わせでありながらパンの美味しさを引き出せるのです!

フランスパンの歴史


フランスは地理的に土壌、気候の影響により、生産される小麦はグルテンの成分量が乏しかったので、ふっくらしたパンを製造することが非常に難しい地帯でした。


パン酵母を用いないで、生地を一度混ぜ合わせてから、直火焼きした単純なものだけでした。ですので、粘り気が少ない生地を使用してパン作りをすることが多かったようです。


結果的に硬い皮とサクサクした中身を持つ特徴のあるパンが誕生しました。


フランスパンが現在食べられている形のパンになったのは19世紀頃になり、酵母菌や製粉技術などの進歩のおかげで、何種類かのフランスパンが作られるようになりました。


そのなかで、最もメジャーなフランスパンである「バゲット」が広まったのは20世紀頃です。1920年頃に法制度により、「パン職人が午後10時から午前4時までの間働くこと禁止」と制定されたのが始まりです。


法制度により、製造期間が短いフランスパンの「バゲット」が一般的になりました。

フランスパンのバリエーション


フランスパンは同じ生地から作られていても、大きさ、切れ目の数によって呼び方や味、食感も様々ですね。

今回はフランスパンの代表的6種類をバゲット以下にご紹介していきましょう。


・バゲット

・パリシャン

・バゲットテロワール

・バタール

・ブール

・シャンピ二ヨン

◆バゲット


バゲットとは「棒」や「杖」という意味のフランスパンです。バゲットの原材料は小麦粉、水、食塩、酵母のみです。

長さは70㎝~80㎝あります。バゲットは細長く、皮がパリパリして固いので、皮が好きな人に好まれるパンですよ。フランスではバケットが人気らしく一番多く食されています。



◆パリジャン


パリジャンとは「パリのパン」という意味のフランスパンです。パリジャンはとにかく太くて長いのが特徴です。長さは50㎝~70㎝程度あります。また、細長い形のフランスパンの中で最も直径が大きくて長いパンですね。


パリジャンは太い特徴を活かし、厚めにカットしてサンドイッチとして使用します。他にも様々な用途のあるパンとして大変人気のあるフランスパンのひとつです。

◆バゲットテロワールバゲットテロワール


高い香りとまろやかなコクを味わえます。フランスパンのうま味をしっかりと味わいたい人におススメのパンです!

◆バタール


バタールとはフランス語で「中間」という意味です。バタールは日本のパン屋さんで最も多く見られるフランスパンではないでしょうか。

バタールは「バゲット」と重量は同じぐらいですが、「バゲット」を太く短めに仕上げているのがバタールの特徴です。パンの中身の柔らかい部分を食べたい方にはおススメです。


◆ブール


ブールとはフランス語で「ボール」という意味です。ボールの形をしたフランスパンです。フランスではとても歴史のあるパンです。フランス語のパン屋を意味する「ブーランジェリー」やパン職人を意味する「ブーランジェ」の言葉の語源として有名ですね。


「ボール」という意味なので、丸い形の表面に、クロスカットの切込みが入っているのが特徴ですね。バリバリとした固さはあまりないので、ふっくらしているのでサンドイッチなどに使用されています。



◆シャンピ二ヨンシャンピ二ヨン


シャンピ二ヨンとはフランス語で「キノコ」いう意味です。シャンピ二ヨンという名前の通りカワイらしい姿のフランスパンです。パン生地の薄い部分のカリカリ感と中身の柔らかさの比較を楽しむことができるパンですよ。


以上がフランスパンのバリュエーションの説明です。

フランスパンの美味しい食べ方


フランスパンの美味しい食べ方として最もベーシックな食べ方を以下にご紹介しますね。



オリーブオイルをつける食べ方


市販のオリーブオイルを皿に適量出して付けながら食べるのがおススメの食べ方です!またオリーブオイルで舌が鈍ってきたら、オイルをつけないでそのまま食べることでパン本来の味も楽しむことができますよ!


塩も少量で使用してみるのもよいでしょう!


・バターを塗る食べ方


フランスパンを軽くトーストしてから、バターを塗りこんで、味わいを調整するテクニックのある食べ方もありますよ!


フランスでは日本と違いバターをたっぷり塗ること多いですので、バターをたっぷりと塗り込んでみましょう!

最後に

今回の記事ではフランスパンの紹介について説明していきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の記事のポイントは以下の4つです。

・フランスパンとは

・フランスパンの歴史

・フランスパンのバリュエーション

・フランスパンの美味しい食べ方


最後まで読んでいただきありがとうございました。

​Copyright 2019 © SFW & Co.,Ltd AllRights Reserved.

LINE_APP.png
  • さえずり
  • Instagram