【一夜づけの勉強を成功させたい】の秘訣


どなたも経験があることでしょうが、明日の試験を一夜づけで乗り切りたい、そんなときに頼りになるのがアミノ酸なんです。一夜づけを可能にする記憶力に集中力を高めるをブレ-ンアミノ酸と言われています。

<ブレ-ンアミノ酸のパワーは>

このブレーンアミノ酸が脳に作用すると脳細胞の機能が活発になります。脳細胞同士の情報伝達がスムーズになって頭の回転が良くなる。そして適度な興奮状態が維持してこれが集中力を高めます。また、見たり聞いたりとして得た情報と記憶の時に、脳細胞の樹状突起といった記憶物質がつくらます。アミノ酸は樹状突起の原料になり、その数を増やして記憶力を良くします。


<アミノ酸が脳の機能を上げるには>

脳の機能を良くするのに、何故アミノ酸が有効なのか?ちょっとご紹介いたしますと、脳内でアミノ酸というのは重要な働きがあると考えられています。脳を作る脳細胞やグリア細胞、それに毛細血管はアミノ酸が原料になっています。それに、脳の隅々まで情報を伝達する神経伝達物質もやはりアミノ酸で、アミノ酸がなければ脳は全く機能しないことになりま

す。

皆さんが物忘れをなくしたいならば、アミノ酸で脳細胞に樹状突起がたくさん作られればいいわけで、その結果脳細胞の隅々まで情報が行き渡り細かい情報もしっかりと記憶されて物忘れがなくなります。

しかし、残念なことに脳細胞の数は20代を境に減少傾向で、脳機能も衰えてしまいます。

歳にはかなわないと考えてしまうところですが、脳を作るブレーンアミノ酸は食事で補給すれば脳の機能は活性化できます。


<集中力を上げるには脳にアミノ酸補給>



皆さんはグリア細胞を聞いたことあるという方は多いことでしょう。脳細胞というのは、身体の中で司令塔になる以上、守る意味でバリア機能が必要で、その細胞をグリア細胞といっています。


栄養素なる成分はこのグリア細胞を通過しなければ脳細胞に届くことができない

わけで、そのバリア機能を血液脳関門と

いいます。大切な栄養素であっても、こ

の関門を通過には至難の業と言われるく

らいです。

しかし、例外があってチロシン、アルギニンイソロイシン、フェニルアラニンの4種のアミノ酸は意外にも簡単に関門を通過することが可能で、それ故にブレーンアミノ酸と呼ばるわけなんです。この4種類のアミノ酸のおかげで活性化した脳は、血流量がよくなり適度の興奮状態になり、頭がさえて集中力がアップしてあの苦しい一夜づけの勉強だってはかどると考えられています。

皆さん!今日は勉強がはかどるなあ?何故かな?と感じることがあると思います。実は、この4種類のブレーンアミノ酸のおかげなんですよ!


<ブレーンアミノ酸を含む食べ物は>

試験勉強に大活躍のブレーンアミノ酸はカツオ節、豆製品、ナッツ類、魚類、乳製品など高タンパク質食品に豊富に含まれています。一夜づけ勉強は夜間になりますから、集中力が十分にな状態で活動できる意味合いから、朝食と昼食で集中力に補給する、これがポイントになります。

皆さんは多くの方が朝ギリギリまで寝坊している方が多いと思いますが、この乱れた食生活

では効率的な一夜づけの勉強は無理です。

それにもうひとつ、せっかく摂取したブレーンアミノ酸の機能を効率的に上げるために、ビタミンB2·B6を摂取しましょう!ビタミンB2:卵や乳製品ビタミンB6:鶏肉や魚類吸収力を上げるにはやはりサプリメントがいいです。

まとめ

今回は一夜づけをしなくてはならなくなってしまったあなたのためにご紹介いたしました。

朝食と昼食は必ず摂取が必要になります!

​Copyright 2019 © SFW & Co.,Ltd AllRights Reserved.

LINE_APP.png
  • さえずり
  • Instagram