シミをつくりやすい真夏の美白効果には!?



皆さん、あのガンガン降り注ぐ紫外線の影響でシミを作ってしまいやすい真夏、一度できてしまうと消えにくいシミですから、美白ケアに力を入れて出現を阻止しましょう。


但し、美白ケアを成功させるには、ちっとしたコツがあるようで、今回は皆さんにご紹介いたします。

<シミができるまで>


皆さんが紫外線を浴びると、表層細胞からシミの生産工場というべきメラノサイトへ、メラニンをつくれという指令が出されます。


長年の紫外線ダメージの蓄積具合によってはこの指令が出され続けることもあるようです。


指令を受けたメラノサイトでチロシナーゼが活性化し、シミのもとになるメラニンが生成されます。


このメラニンはメラノサイトから表層細胞へ移動、ターンオーバーにより肌表面に上がっていき、やがて垢とともに排出されます。


ところがターンオーバーが滞った肌は、メラニンが上手く排出されず居残るわけです。


肌内部にメラニンが過剰に蓄積すると、色素が沈着しシミになります。


そして大切なことは、このメラニンはメラノサイトから表皮細胞へと移動するわけで、ターンオーバーで肌表面に上がっていきやがて垢とともに排出されます。


ところが、ターンオーバーが滞ってしまった肌ではメラニンが上手く排出されることなく残ってしまいます。


この残ったメラニンは、いわゆるシミの引き金となってしまうわけです。


そこで、シミの表出を抑えるにはどうしたらいいのか?考えてみましょう。

<シミの表出を抑える手立てとは?> 

ポイントはやはりメラニン生成の流れれをご自身が意識して効率的なケアが重要ですよね。つまりメラニン生成をコントロールをする意識改革が必要なんです。


例えば、紫外線を多量に浴びてしまう前に、メラニン生成指令が出る前にブロックしてしまうような先手を打てる美白ケアをしてしまいます。



「薬用美白成分と考えられるトラネキサム酸がベストです」

皆さんの朝のスキンケアで化粧水の後美容液を使用される時に、トラネキサム酸配合の美容液をおすすめします。


朝は多忙という方に短時間でUVケアもできてしまう利点があります。楽に先手を打てます。



「薬用美白成分と考えられるアルブチンがベスト」


皆さんの晩のスキンケアでローションに美白成分アルブチンを配合したものを使用をおすすめします。


休んでいる間にメラニンの蓄積と排出にサポートをしてくれます。


そして、全てをカバーすることは到底無理ですので、その遺産を秋以降に持ち越さないための先手が必要になります。


蓄積した紫外線ダメージが沈着してしまう前に、皆さんに行っていただきたいことは、還元という考え方で、リセット美白ケアをしましょう。

「薬用美白成分と考えられるビタミンC誘導体がベスト」


ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑えるほかに、黒色化したメラニンを還元する働きがあります。


この還元パワーで秋以降の遺産を残さないようにしましょう。


さらに、紫外線ダメージを受けやすいメラニンスポットがあります。


こめかみから頬骨にかけての、いわゆるCゾーンと言われます顔の高い位置にあるために紫外線ダメージは最も大きいと考えなければなりませんね。

「部分用クリア美容液がベスト」

ビタミンC誘導体をはじめビタミン様物質誘導体といった成分を配合のCゾーンのメラニンスポットを狙った美容液で集中的ケアがおすすめです。


まとめ


いかがしょうか。


これからのあの強烈な紫外線での肌のダメージは大きいものです。


今回はそんなケアのための先手を打つことでメラニン生成をご自身でコントロールしてもらう意味を込めて考え方をご紹介いたしました。

​Copyright 2019 © SFW & Co.,Ltd AllRights Reserved.

LINE_APP.png
  • さえずり
  • Instagram