チョコレートの種類はご存知でしょうか?


今回はチョコレートの種類について紹介します。

歴史の長い甘くておいしいチョコレートは色々な種類があります。

魅力あるチョコレートを紹介していきますので、ぜひご覧になってください。

ビターチョコレート


 定義としては乳製品が入っていない、カカオマスが40%から60%含まれているチョコレートを指します。調べたら、こう書かれていましたが、少し苦みのあるチョコレートですね。

 洋菓子屋さんによってはダークチョコレートと呼んだりもしますので、ますます混乱します。含まれているカカオマスにポリフェノールという抗酸化作用のある成分が含まれています。これが老化の防止に効くようで、健康効果を得ることもできるそうです。

ミルクチョコレート


 乳製品の入ったチョコレートです。

 乳固形分が14%以上含まれているチョコレートと定められています。

 元々はアメリカ大陸にあった「ホット・チョコレート(飲むチョコレート」」に牛乳を加えたものを指していましたが、時を経て固形のミルクチョコレートが生み出されました。今でも飲むホット・チョコレートは世界中で人気です。とは言え、僕は街中で見かけたことはないですね。

ボンボン・ショコラ


 ボンボンはフランス語で「一口サイズの砂糖菓子」を指します。そこから派生して、一口サイズのチョコレートを意味するチョコレートです。なかに詰め物がされていることが一般的です。

 フランスのボンボン・ショコラは長方形やひし形などシンプルな形をしているのに対して、ベルギーでは貝殻型やハート形など少し複雑な形をしていることが多いです。とはいえ型に流し込むので、作り方はそこまで難しくないみたいですね。ボンボン・ショコラ

のコーティング用に使われる「クーベルチュール」は産地やバターの含有量によって味が違うため、専門会社から取り寄せて作るみたいです。ショコラティエが全てを作っているわけではないのですね。

ガナッシュ


 口溶けの良さが特徴のチョコレートです。

 溶かしたチョコレートに牛乳やバター、生クリームを加えています。

フランス語で「間抜け」という意味があり、昔、チョコレートを調理していた料理人が間違って生クリームを入れてしまい、シェフが「ガナッシュ」と怒ったことが由来とされています。間違った作業から生まれたチョコレートだったのですね。

トリュフチョコレート


 高級キノコの「トリュフ」に似た形からこう呼ばれています。

 2段構造で作られていて、外側は硬めのチョコレート、ココアパウダーで作り、内側はガナッシュを入れたものが多いです。そのため、中は口溶けの良さが楽しめます。

 現在では「アメリカントリュフ」「ヨーロピアントリュフ」「スイストリュフ」の3つが主流となっているそうです。日本でよく出回っているトリュフチョコレートはどれか調べたのですが、参考文献がなかったです。

ルビーチョコレート


 ルビーカカオを使ったピンク色のチョコレートで「第4のチョコレート」とも呼ばれています。普通のチョコレートとは違って、カカオの味がほとんどせずに、代わりにベリーのような風味があるのが特徴です。

 2019年2月に日本で行ったインターネットの調査では知っていると答えたのが42%で、食べたことがあると答えた人は5%だったらしいです。まだまだ世間に広まっていないチョコレートなのですね。


いかがでしょうか。

 チョコレートの種類について紹介しました。

 それぞれに特徴があって、美味しいですよね。

 日本で一番チョコレートの消費が多い都道府県は北海道になっています。「ROYCE'(ロイズ)」や「六花亭」など有名なチョコレートのお店もありますよね。

健康にもいいですし、これを機に色々なチョコレートを食べるのも楽しいと思います。ただし、食べすぎには注意です。

​Copyright 2019 © SFW & Co.,Ltd AllRights Reserved.

LINE_APP.png
  • さえずり
  • Instagram