ハワイ料理について


今回はハワイ料理について紹介していきたいと思います。

日本でもハワイアンなテラスで食べられるパンケーキやお洒落カフェでロコモコが提供されていたりと、馴染み深いですよね。



チャップステーキ


 一口サイズに切った牛肉と野菜を炒めたハワイ料理です。沖縄の居酒屋や大衆食堂で見られる料理です。ステーキソースがかけられていて、甘酸っぱいことが多いですが、お店によってバリエーションがあります。ケチャップを使用しているお店もあり、酢豚の牛肉版のような味付けになっています。豪快な料理ですので、口に頬張りながらビールを流し込んだら美味しそうな料理です。



ロコモコ


 ハワイ料理と言えば、まずロコモコを思い浮かべるのではないでしょうか。ハンバーグの上に目玉焼きをのせて、ライスにのっけてグレービーソースをかけたハワイの郷土料理です。

 最近ではバリエーションが多く、ハンバーグの代わりに照り焼きチキンにしたり、サラダをのせたりと多彩になっています。期限は定かではないですが、ハワイの小さいレストランで若者向けに作った安価な丼ぶりが始まりとされています。当初は目玉焼きが乗っていなかったのですが、後になって追加されたそうです。

サイミン


 ラーメンに似た面料理です。出汁として干し海老を使っているのが特徴で、肉関係は出汁に使用しないため脂が浮いてこない点がラーメンと違うところです。あっさりした味わいのスープです。食べ方もそのまま「すする」のではなくて、小皿に醤油と練りがらしを溶いて、つけながら食べるという少し変わった食べ方をします。


ロミロミサーモン


 塩をふったサーモンを細かく切り、トマトと賽の目切りにした甘タマネギを混ぜたサラダです。バリエーションとして、唐辛子やキュウリを入れることがあります。ロミロミサーモンの名前の由来ですが、「ロミロミ」はハワイ語で「マッサージをする」という意味でサーモンに他の具材をマッサージするように混ぜ込んだところからきているとされています。


ガーリックシュリンプ


 鮮度のいいエビを殻を付けたまま、ガーリックバターで炒めたパンチのある料理です。店によってはエビの殻を取っていたり、炒めるのではなく揚げていたりとバリエーションがあります。現地では移動販売車で売られていることが多いようです。ハワイに行ったら、立ち食いしてみたいです。


フリフリ・チキン


 フリフリと腰をふっているのではなく、鶏肉にフリフリソースと呼ばれる甘辛いソースをかけて、直火でじっくり丸ごと焼いた見た目が豪快な料理です。照り焼きチキンの一種ですね。「フリ」というのはハワイ語で「回す」という意味があって、串に刺さった鶏肉を「フリ」の掛け声とともにひっくり返してソースを塗るという調理法からきているそうです。



マラサダ


 フワフワした食感の揚げドーナツです。カスタードクリームが入っているのが定番ですね。ミスタードーナツでも似たようなのがあります。

パンケーキ


 ハワイの定番スイーツと言えば、パンケーキではないでしょうか。今や日本でも、どこでだって食べれらますよね。ホットケーキとよく混同しますが、本来は同じもので違いはないです。しかし区別として、パンケーキは甘くなくホットケーキは甘い、生地が薄い方がパンケーキで生地が厚い方がホットケーキとするなど違いを出しています。とは言え、分厚いフワフワのパンケーキや、シロップをかけなくても甘いパンケーキなどありますよね。特に区分する必要はないのではないでしょうか。ホットケーキはパンケーキの一種とも書かれていましたのでご紹介しておきます。

いかがでしょうか。

ハワイ料理について紹介しました。

狭義のハワイ料理はハワイ王国での伝統料理を指すそうですが、今回は様々な食文化を取り入れた料理やハワイの特産を使った料理を紹介しました。沖縄料理の影響を受けているものもあったりと日本の影響も受けています。

​Copyright 2019 © SFW & Co.,Ltd AllRights Reserved.

LINE_APP.png
  • さえずり
  • Instagram