子共たちに居場所を「コロナ休校」地域で支援



新型コロナウイルス感染防止のため、小中高校が休校になったことを受け、藤沢市大庭の介護事業所「ぐるんとびー」は3月18日から、藤沢市大庭地域の子どもと親のために週に3回ほど「まちかど食堂」を開います。  「みんなで作って、みんなで食べる」をテーマに、同事業所の新施設の一部を開放し居場所を提供。代表の菅原健介さんは「自宅で息詰っている子どもたちと親御さんたちがふらっと立ち寄ってくれれば」と話す。  18歳以下の子どもは参加無料。地域住民やスタッフから食材の寄付が集まってきているほか、ボランティア団体、企業、個人から支援が集まっているという。  2回目の開催となった23日は、13人の小中学生が利用。手洗い、消毒、マスク、検温など対策を行った後、豚汁とおにぎりを作り、皆でランチを楽しんだ。


参加した子どもたちは「家にいてもつまらないから、ここで料理ができて楽しい」「料理は普段しないけど、教わることができて良かった」などと話していた。

週3回の予定をしておりましたが政府の外出自粛要請により今後は開催回数を減らし、行っているそうです。


*コロナウイルスの感染拡大や学校再開の状況により異なる場合がございますので、詳しくは直接ご連絡下さい。


■ 開催日 2020年4月4日(土) 11~13時で開催 ■ 住所 神奈川県藤沢市大庭5529の8シャルマンコーポ湘南ライフタウン1階 ■ 費用 こども無料、大人500円 ■ 電話 0466-54-7006 ■ ホームページ  https://www.grundtvig.co.jp/

​Copyright 2019 © SFW & Co.,Ltd AllRights Reserved.

LINE_APP.png
  • さえずり
  • Instagram