春の季節で美肌をキープするには!?



寒さが消えて過ごしやすい爽やかな春の到来!

しかし、春は気温、湿度、日照時間の変化といったさまざまな要因から肌のコンディションが揺らぎやすい、早めのにより良いケアを始めることが必要です。


今回はいくつかのキーワードから季節のトラブル源を知って美肌をキープしましょう!

・キーワード 1 「紫外線」

冬の紫外線は、ほとんどの方は気にせずに過ごしていたのでは? 紫外線は弱いといいながらも、しっかり降り注いでいます。油断は禁物ですよね。

弱いとは言え肌内部に活性酸素が発生しますと、基底層に存在する色素細胞のメラノサイトが活性化して肌を保護しようとメラニン色素がつくられます。

メラニン色素はターンオーバーで排出されるのですが、たくさんつくられますとシミやくすみになってしまいます。 <抗酸化成分を摂取する>

活性酸素というのは、シミやくすみだけではありません。


深い真皮のコラーゲンまで変質される可能性があるんです。


たるみのトラブルを引き起こします。

そんな活性酸素には、抗酸化作用のある成分を摂取することで対抗します。

パワフルな抗酸化作用で老廃物である活性酸素が体内で増えないためにはビタミンCを含む食材が得意でメラニン色素の生成も抑えてくれます。 <毎日のケアを>

日焼け止めをこまめに使用する。


弱いとは言え、UVカット効果のお化粧下地を使うなど紫外線対策をする、また、毎日のスキンケアにエラグ酸やアルブチンなど配合の化粧水や乳液がおすすめ。 ターンオーバーを促して>

メラニン色素を残さないようにするには、ターンオーバーを促すことが重要。

特に、ストレスに寝不足や栄養バランスが偏りがちの食事などは、ターンオーバーのサイクルを乱すので注意が必要です。

・キーワード 2 「花粉」

花粉トラブルは春の代表になります。


くしゃみ、鼻水にかゆみ等は肌トラブルの原因になることもあります。顔を掻いたり、鼻水を何度もかむことで、摩擦で皮脂膜が剥がれ落ちてしまうことも。


そして花粉のダメージで、バリア機能が低下してしまうと、異物や外からの刺激に低下して肌荒れにつながる可能性もあります。


春の花粉の原因植物は、遠方まで飛散させるスギ花粉です。

外出の際にはつば付きの帽子やマスクは必需品になります。

そして、おすすめ食材は、シソや生姜が花粉に有効と言われています。

・キーワード 3 「乾燥

まだこの季節は空気は乾燥しています。乾燥しますと肌表面を覆う皮脂の分泌や水分が減り、肌内の水分も減少しカサカサ状態を招く場合があります。

スキンケアで水分や油分を与えたり、ヒアルロン酸やセラミドなどうるおい成分が大切でしっとり肌を保つ上で必需品です。 <うるおい成分をとる>

乾燥によるダメージからハリのない印象につながることもありますので、セラミドやヒアルロン酸はもちろん、コラーゲンなどのサポート成分が大切です。 <洗顔はぬるま湯で>

朝晩は春とは言えまだ寒いと、つい熱めのお湯で洗顔したくなりませんか?しかし、熱めのお湯は皮脂を落とし過ぎてしまうこともありますので、洗顔はぬるま湯また水をおすすめ。 <油分でうるおいを守る>

洗顔後に化粧水で水分補給しましたら、必ず、クリームやオイルで仕上げが大切です。


これは減った皮脂を油分でふたをすることで、化粧水でのうるおいが閉じ込めてしまうことが大切ですね。


多忙な場合には、ひとつでよいオールインワンジェルがおすすめです。

・キーワード 4 「睡眠」

肌の回復には睡眠が大切です。冬の時季は寒さで自律神経が乱れがち。


なかなか寝付けない、熟眠障害になる場合もありますから、美肌をキープするために乱れがちなリズムを整えられるような、規則正しい生活を送る、自律神経のバランスが大切です。


朝起床したらカーテンを開けて朝日を浴びるなど、決まった時間に起きることが大切で、特に、就眠前にはスマホから離れて寝られる姿勢が大切です。


ハーブティーは心にゆとりを持たせる意味でリラックス効果を期待できて眠りモードに導いてくれます。

まとめ

いかがでしょうか? 春に変わる季節は、まだ寒い日が続き、なかなかその時季に対応した美肌をキープするのは大変です。今回はそんなお悩みを解消を目指して皆さんに参考までにご紹介させていただきました。皆さんそれぞれ微妙にお肌の事情も異なりますので、皆さんご自身で対応を考えてみてください。