美肌に欠かせないビタミン

最終更新: 2020年7月19日



ビタミンと言えば、皆さんおなじみの美容成分です。美肌にとって必要なビタミンはいくつかがあり、単独で用いたり、目的に合わせて組み合わせたりと、いろいろ配合があります。


今回はそんなビタミンが皆さんのお肌にどのように働くのか、その関係を考えてより美肌になるよう役立てましょう!

<ビタミンの機能は>


私たちの身体に絶対必要な栄養素に、タンパク質、脂質、糖質、ミネラルにビタミンがあります。

特に、ビタミンは他の栄養素が体内でスムーズに機能できるよう潤滑油の働きと考えれば分かりやすいです。

ところで、ビタミンは体内では合成できませんので、食べ物から摂取しなければなりません。

食事の偏りでビタミン不足になると、健康はもちろんお肌のトラブルに陥ってしまいます。

<美肌にはどんなビタミンを摂取する?>


美肌を維持することでまず大切なことに、栄養のバランスで、その上にビタミンがあります。と言ってもビタミンは13種もありますからどれを摂る必要があるのか?

これはご自身の悩みに合った必要なビタミンを見つけなければなりませんね。

・ビタミンA


皮膚や粘膜を守る脂溶性ビタミンで、エイジングケアにご存じのレシチノールもビタミンAです。

またお肌にとって大切なコラーゲンもサポートをして若々しいお肌へ導きます。

お肌がパサつく、シワが気になる、また吹き出物ができやすい方におすすめです。


ニンジン、ホウレンソウなどのカロテノイドを含む緑黄色野菜に多く含んでいます。

夏バテ防止に食べるウナギにも多く含まれています。

・ビタミンB2・B6


ビタミンB群は体内のいろいろ調節に関係していますが、なかでも皮脂のコントロールに大切なことからも美肌を維持に必要不可欠です。

特に、毛穴が気になる方、お肌がベタベタする方におすすめです。


B2には納豆、干しシイタケ、アボカドなど

B6には鶏肉、バナナ、パイナップルなどに多く含まれています。

・ビタミンC


抗酸化成分として美容を牽引する成分として体内のあらゆるところで活躍します。

特に、紫外線によるシミやソバカスのもとになるメラニンの還元や毛穴のひきしめに、また、ビタミンCはコラーゲンの生成には欠かせないことも分かっています。

従って美肌を維持にはコスメからの補給も必要です。

特に、お肌にハリがない、シミが気になる、風邪をひきやすい方におすすめ。

レモン、グレープフルーツ、キウイ、イチゴブロッコリーに多く含まれています。

・ビタミンD


体内でのカルシウム濃度を一定になるように、また、その吸収を助け骨の形成を促進したり、ビタミンDはカルシウムとの深く関係する栄養素です。

美肌には、健やかなターンオーバーに、キメのある美肌に、大切な役割を担っています。

ビタミンDは太陽光を浴びることで、皮膚でも作り出すユニークなビタミンですが、その合成力は加齢とともに衰える傾向があるため、紫外線対策も大切になります。

特に、お肌のキメが乱れがちな方におすすめ。

キノコ類、マグロ、しらす干しなどに多く含まれています。

・ビタミンE


サビつきの防止には絶対欠かすことができないビタミンと言われています。

また、生理不順に、更年期の不安をサポートをするなど女性にはうれしい機能があるビタミンです。

また、保湿、紫外線によるダメージ予防など、美容でもなくてはならない頼りになり、いろいろと頼もしいメリットも見逃せません。

肌に浸透しやすい成分としても知られています。 特に、お肌がかさつく、クマ、くすみが気になる、また冷えやめぐりが気になる方におすすめ。

大豆、アボカド、カボチャ、オリーブ油アーモンドなどに多く含まれています。


まとめ


ビタミンと肌との良い関係を知って、美しく賢くビタミンを摂りたいものです。

不足するとさまざまなトラブルの原因となります。