脂肪を落とすバランスあるダイエットとは?



多くの女性は、もっと痩せてキレイになりたい、引き締まったボディになりたいと願い、女性にとって美しくあることは最大のテーマと言えます。

今回はそんな方のために、キレイをつくるバランスダイエットを探ってみることといたしましょう。

<1日に考えてもらいたいカロリー>

皆さんの身体にある脂肪燃焼の中で、

純粋な脂肪は約80%、20%は水分など他の成分から成り立っています。


すると、1gの脂肪がもつエネルギー量は9kcalになりますので、体脂肪を1kg落とすには、

9kcal×1000g×0.8(脂肪組織の80%が純粋な中性脂肪)=7200kcalくらいのエネルギーのマイナス状態をつくればいいという計算になります。


そして、1週間で1kg体脂肪を落とし、

1カ月と少しで5kg減らすならば、現在の1日の摂取エネルギーから1000kcalを引けばいいわけで…。

ちなみに1000kcalとは5kg痩せるには少なく考えても1日1400kcalくらいの減は必要と考える必要がありますが、少し

減らして1000kcalにしました。


しかし、1日の摂取エネルギーが2000

kcalの人が1000kcal減らすと、1日の摂取エネルギーは1000kcalですから、これでは健康維持ができません。

基礎代謝量によりますが、平均的な女性なら1日に2000~2500kcal、男性なら2500~3000kcalのエネルギーが必要です。

そして、大切なことにこの脂肪の他に

糖質、タンパク質、脂肪、ビタミンなど摂取が必要となってきます。

従って、栄養バランスを摂りながら実践がポイントになります。

<1汁2~3菜で栄養バランスOK>

·主菜:肉、魚、大豆などでタンパク      

    を補給。

·主食:ごはん、パン、麺類は1食に

    つき1種のみ。

·副菜:やさしい、海藻、キノコなど

    ビタミン、食物繊維など補給

·汁物:スープ、みそ汁は具たくさん

    にして栄養バランスをアップ

難しく考える必要はありません。食卓に主食と主菜、副菜が並び腹八分目で簡単にバランスダイエットを実践できます。

<賢い素材選びで低エネルギー>

皆さんに気をつけていただきたいのは

バランスダイエットでは、ただ単に量を減らすのではなく、摂取エネルギーを減らすことが重要です。

例えば、主菜は豆腐や魚メニューにすれば、肉より多く食べられます。

しかし、肉がダメというわけではありません。同じ肉ならバラではなくヒレを、鶏肉なら皮よりササミを使用すればエネルギーは半分以下になります。

<料理の仕方でエネルギーダウンを>

せっかく低エネルギーの素材選びをしても、料理の際に油をたっぷり吸ってしまっては何の意味もなくなってしまいます。


エネルギーダウンの秘訣は、出来るだけ油を使用しないことと、そして、素材そのものの脂肪分を落とす料理法を選ぶことが大切になります。

例えば、焼き物はテフロン加工のフライパンで油をひかずに焼く。

網焼きやオーブンもいいですし、煮物は砂糖にみりんの量に注意を!

また、もともと脂分の多い肉は、蒸したり、茹でたり、焼き肉やすき焼きよりしゃぶしゃぶがおすすめです。

<ボリューム感ありで低カロリーメニュー>

お肉はどうして食べたい、どうしてもお肉をメニューに入れたいという方は多いので、その点を考えてみましたメニューになります。

但し、カロリーが気になる肉もひと工夫で美味しく!ボリューム感!たっぷりです。。

(牛肉のたけのこ巻き焼き)

材料(1人分)                 


牛もも肉の薄切りを100g          

A:酒·しょうゆ·みりんを各小さじ1

くし形に切ったたけのこをお好み量

B:だし汁:½カップ、しょうゆ·みりん

 を各小さじ1

片栗粉·油を小さじ1

絹さやを6~8枚:塩茹でして斜めに切る

作り方

1.牛肉はAにつけておく。Bを煮立ててたけのこを入れ煮含める。

2.牛肉の汁気をふいて広げ、片栗粉を片面にふり、汁気を切ったたけのこをしんに巻く。

3.フライパンに油を熱し、2.の肉の巻き終わりを下にして入れ、周囲をこんがりと焼く。1.のA、Bの残り汁を合わせてフライパンにまわし入れ、ふたをして蒸し焼きにする。

4.3と絹さやを盛り合わせて出来上がり。

まとめ

ダイエット中でも肉を食べたいという方は多いようですので、調理法をひと工夫してバランス性を考えると意外にも好きな物も可能になります。

​Copyright 2019 © SFW & Co.,Ltd AllRights Reserved.

LINE_APP.png
  • さえずり
  • Instagram