藤沢市のお花見スポット「大庭城址公園」



大庭城址公園は、地元では有数の桜の名所として知られています。

藤沢市では引地川親水公園と並ぶ桜の名所であり、毎年多くの観光客が訪れています。 大庭城址公園は広さが約12.6ヘクタールあります。

桜だけではなく、フジやバラなどの花もあるため、さまざまな花が楽しめますが、やはり一番人気は桜です。

ほとんどがソメイヨシノですが、ヤマザクラオオシマザクラなどもあります。

公園の坂を上がって行く途中にはヤマザクラ、公園側はソメイヨシノで色が白っぽいのとピンクが対照的でとても綺麗です。

広々した大芝生広場では広場を囲むように桜が植栽されており、なかなかの樹齢を重ねていますので、大きく枝を張って咲き誇る桜は見応え充分です。

ぜひこの機会に足を運んでみて下さい!


●大庭城の歴史

大庭城址公園というくらいですから、もともとは「大庭城」というお城があったらしいということはわかるのですが、どのようなお城で、どのくらい前にあったのでしょうか。

大庭城が造られたのは平安時代末期、12世紀ごろだと言われています。

「大庭の館」と呼ばれ、この地域の軍事拠点として機能していたようでしたが、後に大庭氏はこの地から追われてしまいます。

後に江戸城を築城したことで有名な太田道灌がこの地に最新技術による築城を行いました。

この大庭城は後にこの地に侵攻してきた北条早雲によって落城し、早雲はさらに大庭城を大改修しました。

ところがその後、後北条氏が玉縄城を築城し、さらには後北条氏が滅びたことで大庭城も落城、そのまま廃城となりました。

大庭城は早い時期に落城したこともあって、現在は空堀や土塁、郭が残っているだけです。

しかしその遺構の状況から見ると、かなり大規模な城であったと言われており、現在の大庭城址公園のほか周辺にそれを物語る地名が今でも残っています。

■ 開催日 2020年3月21日(土)~2020年4月12日(日) 見ごろは3月下旬~4月上旬 ■ 住所 神奈川県藤沢市大庭 5230ー1 ■ 駐車場  毎年サクラの開花期間中、駐輪場及び身体障がい者用の駐車場になります。

      一般車は駐車できませんので、公共交通機関をご利用下さい ■ ホームページ  https://fujisawa-park.com/ohba/


公園内での花見について(お願い) 指定管理者グループが管理している公園におきましては、お花見時期は混雑が予想されることから、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、飲食を伴う宴会等の利用をお控えいただきますようお願いいたします。 なお、散策しながらお花見を楽しむ際にも咳エチケットの徹底等、感染拡大防止への取り組みをお願いいたします。 ご理解とご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。




​Copyright 2019 © SFW & Co.,Ltd AllRights Reserved.

LINE_APP.png
  • さえずり
  • Instagram